スポンサーリンク

【レぺゼン地球】DJ社長!身長や彼女情報などWiki風に紹介!

DJ社長アイキャッチ 有名ユーチューバー

現在一番勢いのあるYouTuberと言えば思い浮かべるのはレぺゼン地球ではないでしょうか?

この記事では、そんなレぺゼン地球のリーダーDJ社長さんのプロフィールや経歴についてWiki風に紹介していきます。

更に、気になる彼女情報についても調べてみました。

(記事は2019年4月2日時点)

スポンサーリンク

DJ社長さんのプロフィール

DJ社長

本名:木元 駿之介(きもと しゅんのすけ)

生年月日:1992年8月29日

年齢:26歳(2019年4月現在)

出身地:福岡県福岡市博多区

身長:173cm

体重:65kg

血液型:AB型

所属事務所:Life Group

チャンネル名

「【レペゼン地球】公式」
(チャンネル登録者数 1,769,545人)

  • 様々なジャンルの面白い動画を投稿。

「【レペゼン地球】曲チャンネル」
(チャンネル登録者数 815,725人)

  • レぺゼン地球のオリジナル曲を投稿。

DJ社長さんの簡単な経歴

社長になるまで

DJ社長さんは高校を1年留年し卒業後、社長になることを目標に駒澤大学経営学部に入学。

ですが、経営の仕方ではなく、経営者へのなり方を教えてほしかったDJ社長さんは大学を中退。

その後、いろいろな社長さんを紹介してもらって色々な話を聞いたDJ社長さんは会社を設立して経営していくには500万くらい必要だと考えたそうです。

当時バイトをしていたDJ社長さんは月に5万円ほどだと貯金出来る状況でしたが、それでは足りないのでどうしようか考えていました。

そんな中、何をするにも人脈は必要なので、色んな誰でも参加できるパーティーに参加し続けていたそうです。

そこで「パーティーなら俺も主催できるんじゃね?」と思ったそうです。

順調にお客さんを増やしていき、DJ社長さんのイベントは50人は呼べるようになったそうです。

しかし、50人程度だと利益は3万円程度なので500万貯めるには時間がかかってしまうと考えたDJ社長さんは300人規模の会場を借りることにしたそうです。

そして、失敗したそうです。

金融会社に借金をし、会場費を払ったそうです。

そして、悔しいのでもう一度300人規模のイベントを開催し、また失敗したそうです。

家賃も払えず強制退去となり、友人の家に居候しながら生活していたそうです。

そうこうしながら、ついに300人呼べるようになったそうです。

そして、500人規模の会場を借りたそうです。

そして、失敗したそうです。

この三度の失敗を経てDJ社長さんは「ただ頑張る」ではなく、「どうやって成功させるか」を考えることを頑張ったそうです。

寝る間も惜しんで考えた結果、DJ社長さんは次々に大規模なイベントを成功させたそうです。

借りていたお金もすべて利子付きで返済したDJ社長さんの手元にはちょうど500万円ほど残ったそうです。

そのお金を福岡に持って帰って21歳の誕生日に株式会社を設立したそうです。

21歳で社長に

2014年8月29日(21歳の誕生日)に福岡で会社を設立し、念願の社長になることができたDJ社長さんはBARを開いたり、「博多Life」というイベントを開いたりしたそうです。

「博多Life」は福岡最大のイベントにしようと2000人規模のイベントとして告知されました。

当時、大きくても500人だった福岡のイベントで新人がいきなり2000人と打って出たことで、「博多Life」は他のイベント会社からかなり叩かれたそうです。

ですが、「博多Life」は大成功。

その後も、DJ社長さんは次々に大型のイベントを成功させていきました。

そのうち博多Lifeのスタッフから「自分でもイベントやりたい!」と言い出す人が現れ始めたそうです。

その人たちにどうやればいいか教えたりしたそうです。

そして、自分のイベント団体を作り始めるスタッフが次々に現れたそうです。

DJ銀太さんやマネージャーの脇さんもその中の一人だったそうです。

DJふぉいさんは博多Lifeで猿のお面を被ってお客さんとして遊んでいたそうです。

どんどん独立団体が増え続けて37団体、博多Lifeのスタッフだけでも250人ほどに増えたそうです。

DJ社長さんはこの時「最強の21歳」と自称するほど調子に乗っていたそうです。

大成功からの転落

そんな絶頂期の中、DJ社長さんは詐欺にあったそうです。

従業員への給料も、スタッフへのバイト代も、家賃も、光熱費も、何もかも払えない状態になったそうです。

何とかお金を作るために東京に行ってありとあらゆる持てる全ての人脈を使ってお金を借りたそうですが、100万、200万円ほどしか借りられなかったそうです。

そんな中「借金を返すために借金しても何の意味もない」ということに気づいたDJ社長さんは「お金を稼ぐためのお金を借してくれる人」を探しはじめました。

そこでお金を貸してくれる社長に出会ってお金を借りて、そのお金で福岡で1万人入るような会場を借りました。

そのイベントは絶対に失敗できないイベントでしたがDJ社長さんはそのイベントを成功させることができませんでした。

DJ社長誕生

そのイベントから1週間後、2万人規模の会場をきゃりーぱみゅぱみゅさんが満員にしたそうです。

同じ歳のきゃりーぱみゅぱみゅさんの活躍を見たDJ社長さんは「有名人になろう」と思ったそうです。

そして唯一の趣味であった「DJしかない」「DJで成り上がるしかない」と思ったそうです。

こうして「DJ社長」は誕生しました。

普通にやっていたら絶対人気なんか出るはずがないと思ったDJ社長さんは、苦労して呼んでもらったイベントなどでめちゃくちゃふざけたそうです。

ずっとしゃべり続けたり、やっと曲を流すと思ったら「ちびまる子ちゃん」や「アンパンマン」の曲を流したりしたそうです。

更に告知としてTwitterを使い始めたそうです。

ふざけた動画をTwitterで沢山アップし続けて、少しずつ知名度と人気が出てきたそうです。

レぺゼン地球結成

こうして人気が出始めて、出てくれ出てくれと出演依頼が来るようになった時に、どうしても遠い場所からの2つの依頼が重なる時があったそうです。

どっちも出たいがどっちかしか出られない。

どうしたらいいか考えた時に「グループを作ればいいんだ!」と思ったそうです。

「でも、こんな気が狂ったやつについてきてくれるような、気が狂った奴いないかなー?」「流石にいないよなー」と思った時に、「ふぉいと銀太いたわー!」と思ったそうです。

そうして、ふぉいさんと銀太さんを勧誘してレぺゼン地球を結成したそうです。

その後、ある日突然「YSP」という曲が何故かいきなりバズったそうです。

そして、有名になり多数のイベントに呼ばれるようにもなったそうです。

【レペゼン地球】2thシングル『YSP』

そうやってLIVE活動を続けて、Twitterの活動も続けて、YouTube活動も始めて、YouTubeチャンネル登録者数は100万を突破しました。

チャンネル登録者数100万人突破からのアカBAN

2018年7月16日、チャンネル登録者数100万人突破して数日のレぺゼン地球のYouTubeチャンネルが運営によって消去されました。

YouTubeガイドラインに違反していたためだそうです。

チャンネル登録者数が100万人を越えているYouTubeチャンネルのアカBANは日本では初だったので大きくネットニュースなどでもとりあげられました。

その結果、知名度は更に上がり、サブアカウントとして使っていたアカウントをメインウントとして再始動したレぺゼン地球ですが、すぐにまたチャンネル登録者数100万人を突破しました。

彼女情報

そんなDJ社長さんの彼女情報ですが、DJ社長さんの彼女はセクシー女優の芹野莉奈さんではないかと言われています。

DJ社長彼女情報

DJ社長彼女情報2

ですが、DJ社長さん本人は「特定の人とは付き合ったりはしない」と語っているようです。

真相が気になりますね。

おすすめ動画

【レペゼン地球】11thシングル『リメンバー』

レぺゼン地球の中で一番好きな曲「リメンバー」です。

まだ聴いたことのない方はぜひチェックしてみてください。

【レペゼン地球】38thシングル『メモリー』

こちらも好きな曲なのでぜひチェックしてみてください。

「メモリー」です。

あとがき

今回はDJ社長さんについて簡単にまとめてみました。

壮絶な人生を生きてきたDJ社長さんですが、まだまだDJ社長さん、そして、レぺゼン地球の勢いはとどまることを知りません。

DJ社長さんとレぺゼン地球にこれからも注目ですね。

応援していきましょう。

コメント