スポンサーリンク

軽い口調で深い名言を次々生み出すkemioのプロフィールや魅力を紹介!

有名ユーチューバー

ハイテンションのマシンガントークが面白いと、10代~20代の若者から絶大な人気を誇るKemioさん。

動画は料理やメイク、旅行などが多いがそのほとんどが料理や旅行といったメインの内容よりも、トーク中心の動画に仕上がっている。

今回は、そんなKemioさんのプロフィールや魅力、幅広い交流関係について紹介していく。

スポンサーリンク

Kemioさんのプロフィール

本名黒澤 健太
身長193cm
出身東京
生年月日1995年10月16日
職業YouTuber、モデル、歌手、タレント
所属MIHA
特技動画づくり

Kemiさんの簡単な経歴

2歳の時に事故で両親を亡くし、祖父母の元で育ったKemioさん。

小さいころからとにかく目立つのが好きで、小学生のときの夢はアイドルになることだった。

2013年10月に6秒動画配信サイトVine(現在はサービス終了)で、オネェ口調や女子高校生あるあるが面白いと一気に人気に火がつき一躍有名に。

2月最新けみお54連発!テンションMAX爆笑Vine動画 ケミオ KEMIO

同年には高校生向け雑誌の「HR」に掲載されたり、2014年3月には朝の情報番組「めざましテレビ」で『けみおのあるあるモーニン』というコーナーを担当していた。

2015年には連続テレビ小説「まれ」で、面接に来た人というちょい役で出演するなど活動範囲は多岐にわたる。

YouTubeは2015年8月から始めているが当時はあまり投稿頻度は高くなかった。

2016年9月からロサンゼルスに留学し、現地からアメリカでの生活ぶりやメイク動画などを投稿している。

GOODBYE JAPAN!!さよなら日本‼︎

2019年4月には初の書籍「ウチら棺桶まで永遠のランウェイ」が発売され、15万部以上売れる人気ぶりだ。

2019年10月には、ルームメイトのマイルズとともにユーヨークへ引っ越しており、現在はNYから動画を配信している。

チャンネル名

kemio

(チャンネル登録者数 158万人)

Kemioさんの魅力

質問コーナーでの返答に勇気づけられる人多数

出典:YouTube

Kemioさんが不定期で行う質問動画には、主に女子中高生から学校での悩みや人生の悩み相談をされているが、その返答が的を得ていて勇気づけられるという人は多い。

ここでは、Kemioさんが過去に答えた質問の中でも特に印象的なものを紹介していく。

「周りがリア充で辛い」という相談に、Kemioさんはこう答えている。

たまには楽しい事があってたまには辛いことがあって、それをごちゃ混ぜにして人生~って感じだからそんなこと思う必要はないと思うよ。

また「足の太い女がショートパンツやスカートを履いているのを見てどう思いますか?見苦しいと感じますか?」という質問に対しては

細い太い関係なく…熱くね?着たい服着るべきだと思う。だって服じゃん!

「私がブスだから誰も遊んでくれないんですか?」という質問に対しては

だったら私が遊んであげるー!そんなワケなくない?って思いつつあるよ。私もよくすごいブサイクだねって耳にタコが1,000個できるくらいいわれたけど、私がブスで遊びたくないっていってるんだったらこっちから願い下げだからねって感じ。
人を見た目で判断するような人なんて友達じゃないかんね?土に還ってもらお?
ズバッと本質を突く返答やKemioさんならではの明るい口調で勇気づけてくれる返答が多く、動画のコメント欄には「正論すぎる」、「元気もらえた」、「最高かよ」という書き込みであふれている。
また、質問はKemioさんのTwitterで募集されるのだが、応募人数が多すぎて全然質問が読み上げられないことでも有名だ。
それほどKemioさんに明るく悩みを蹴飛ばしてほしいという人が多いということなのだろう。

新しい言葉を作る天才

出典:Instagram

Kemioさんは自身のことを語彙力がないと語るが、動画内でよく使う「あげみざわ」や「ないたー」という独特の言葉は「JC・JK流行語大賞」にもランクインするほど若者に浸透している。

「あげみざわ」というのは、テンションがぶち上げ状態のときに使い、「ないたー」というのは悲しいときや、反対に嬉しすぎることがあったときにも使える万能(?)な言葉だ。

ちなみに、筆者の周りでもKemioさんを知らない人が「ないたー」を多用していて世間への浸透ぶりが伺える。

そのほかにも「GOGOヒロミGOヒロミ~(訳:行っちゃいな)」、「スワイプして消すよ~(訳:目の前から消えて)」、「好きがこぼれ落ちる(訳:めっちゃ好き、嬉しい)」などがあり、どれも日常で使いやすいためTwitterでもKemio語と思われる言葉をつぶやいている人は多い。

まとめ

6秒動画サイトVineから一気に火がつき、今やYouTubeのチャンネル登録者数は150万人超えと、日本を代表するインフルエンサーとなったKemioさん。

活動はYouTubeだけにとどまらず、2019年にはYモバイルのCMに友人の青山テルマさんと出演するなど、今後もどんどん影響力を伸ばしていくこと予想される。

嫌なことがあった日は、Kemioさんのあげみざわな動画を見て、テンションをボンボンボーンとぶち上げてみてはいかがだろうか。

▽こちらの記事もおすすめ

有名ユーチューバー
スポンサーリンク
シェアする
この記事も話題になってます!
著者情報
まぐ

元地方新聞社勤務のフリーライター。北海道産。
的確な例えで分かりやすい文章を書くのが得意です。
好きなものはおにぎりと珍味。

まぐをフォローする
ユーチューバーペディア

コメント