スポンサーリンク

【アバンティーズ】活動休止の理由!ファンの暖かさもアバンティーズらしい

アバンティーズ活動休止宣言 ニュース

アバンティーズが2019年5月9日に「アバンティーズ 動画を1週間お休みします!!」と言う動画を公開した。

動画では体操服に紅白帽をかぶったアバンティーズの3人が運動会の選手宣誓風に1週間動画投稿を休止することを発表した。

スポンサーリンク

前日のそらちぃの意味深ツイート

この動画公開の前日そらちいさんは意味深なツイートを2つしている。

それがこちらのツイートである。

そらちぃのツイート

ツイートには

  • 高校生ぶりくらいに、人間関係に疲れちゃってるな〜
  • 俺みたいなヘラヘラした奴に限ってそれなりにメンヘラだぞ

と書かれている。

これに対してコメントでは

「丈夫?人間関係って色々と大変だよね」

「人間関係ってほんとに難しいところよね…
私もつい最近まで人間関係で悩んで悩んで悩みまくってたよ😢
ただのリスナーでしかないからなんて声掛けていいのかわかんないけどとにかく無理しちゃダメだよ〜〜」

「いいよ無理しないで」

などコメントされていた。

いったいなにがあったのだろうか?

活動休止宣言

それから5月9日に活動休止宣言の動画を公開。

アバンティーズ 動画を1週間お休みします!!

動画では「宣誓、僕たち私たちは1週間動画をお休みします。」とメンバー3人がかわるがわるに大声で発言、「5 17」「まっててね」とテロップが入って動画は終わり。

わずか30秒の動画となっていた。

突然の活動休止宣言。理由は語らず。

そして、前日のそらちぃさんの意味深ツイート。

当然ファンやリスナーは心配する。

コメント欄でもツイートでも心配の声が多く寄せられた。

そんなファンやリスナーの反応を受けてそらちぃさんは活動休止の理由と前日の意味深ツイートについて説明するツイートを投稿。

Twitterでは冒頭、もう一度1週間休むことを宣言。

以前のアバンティーズなら1週間休むなんて普通だったが、復活後のアバンティーズの活動ベースだと心配するリスナーもいるだろうから、みんなが少しでも悲観的なことを考えないように今回のツイートをすることにした。と今回のツイートの趣旨を説明。

まず

  • 前日のマイナスな発言のツイートは今回の休みとは関係ない。
  • アバンティーズのメンバー内でもめたなどもない。むしろ絆は固く、良い関係を築けている。

とリスナーが心配していた件について説明。

ではなぜ休むのか?それは

頑張りすぎてるわけでも、考えすぎてるわえでもないが、「息継ぎ」が必要だと考えたから。

全力で走り続けるアバンティーズと全力で応援するリスナー、互いにここで少し休もうということだそうだ。

もう一つの理由が、

「動画外の事も忙しく、物理的に時間が足りない。」ということだそうだ。

言われれば確かに納得できる理由だ。

最近のアバンティーズは以前に比べて積極的に活動していた。

あきらかにアバンティーズにとってオーバーペースに思えた。

あの事故があったからこそ、「アイツの分も頑張る。」と言う思いからだったのだろうか。

そう思えてなおさら応援していたのも事実だ。

ちなみに前日のそらちぃさんのツイートは、「承認欲求強めナイトだっただけ」と説明している。

本当は何かあったのかもしれない。

それでもそこに触れることは私たちには出来ない。

この機会に帰省するアバンティーズ

そして現在アバンティーズはこの休みを良い機会として地元に帰省しているようだ。

アバンティーズラーメンを食べる

朝起きて三人で今日の動画を撮り、高校時代のバイト先で辛口肉ラーメンを喰らい、小学校時代良く髪の毛を切ってくれた近所の床屋さんで髪を暗くした。
そして夕暮れ時ふらっとアイツのところに向かった。

と綴られている。

「長い間、話してなかったことをたくさん話した。」と綴られているが何を語り合ったのだろうか?

「問題ない。やりたいようにやれよ」って言ってた、いや無理やり言わせた。

と言う一文からは正直思うことがありすぎる。アバンティーズのファンにとっては間違いなく溢れてくるものがあったことだろう。

今回の活動休止について心配しているファンも実際多いことだろう、だがあえて「無理しないで、ゆっくりしてね」と声をかけるコメントが多数見うけられる。

このファンの暖かさもアバンティーズらしいと言えるのかもしれない。

今回はゆっくり休んで、これからも変わらないスタンスでかっこよくて面白い、みんなに愛されるアバンティーズを5月17日から見せて欲しい。

期待してその時を待つとしよう。

【アバンティーズ】メンバーの誕生日などWiki風まとめ
YouTubeに動画を投稿したり映画にもなったり、TVからYouTubeに時代が流れている中、一見逆行しているかのようにYouTubeから映画に進んでいったアバンティーズ!その後、YouTubeで映画を無料公開したところはさすがYouTub

コメント