スポンサーリンク

顔面に傷跡は残る!【かねこあや】顔に怪我!衝撃事故の真相

ニュース

かねこあやさんが2019年6月9日「【お嫁にいけない】顔面事故って顔に傷が残ることになりました」という動画を公開した。

動画の中でかねこあやさんは顔面に怪我をしたことを視聴者に報告。

怪我の程度とどうして顔面を怪我してしまったのかなども報告、実際に怪我も公開していた。

【お嫁にいけない】顔面事故って顔に傷が残ることになりました
スポンサーリンク

顔面の怪我について

1.顔面の怪我は重症?

かねこあやさんの顔面の怪我は、箇所としては顎の左側部分で骨が見えるほどパカッと開いてしまったとのこと。

中3針外6針を縫う比較的重傷だったようだ。

喋るのも痛いし、口も開けられないので食べるのもかなりつらいとかねこあやさんは語っていた。

2.怪我の経緯

ではなぜそのような怪我をしてしまったのか?

この動画の撮影の2週間前に安室奈美恵さんのようなブーツを履いていたかねこあやさんは脱ぐ時に失敗して、そのまま転んで靭帯断裂の一歩手前くらいの捻挫をしてしまっていた。

その足が治っていなかったので、足に力が入らない時があったのだが、今回もその症状が出てしまい、かなり強く右側頭部をフローリングに叩きつけてしまったかねこあやさん。

その瞬間は脳震盪を起こしていて意識が薄れていたが、意識が戻るとフローリングは血の海だったとのこと。

でもなぜ右側頭部を打ったのに、ぶつけてもいない顎の左の方に傷があるのか?

かねこあやさんがお医者さんに質問したところ

お医者さん曰く「右側頭部を打った際の衝撃が強すぎて、顎の左側が避けてしまった。それしか考えられない」と説明されたそうだ。

右側頭部を打ったことであごの骨が肉を裂いて飛び出してきてしまったのだろうか?

いかに強く頭を打ってしまったのかがうかがえる話である。

3.傷跡は残る

かねこあやさんはお医者さんに「傷跡は残る」と言われたとのこと。

刃物などで切った後は傷口もきれいなので傷跡が残りにくいそうだが、かねこあやさんの今回の顔面の傷は裂けてしまった状態で傷もギザギザなので傷跡が残る確率が高いそうだ。

女性にとって顔の傷はショックが大きいはず。

かねこあやさんはYouTuberだけでなくモデルとしても活動しているのでなおさらショックは大きいだろう。

YouTubeのモチベーションも高く撮りたい動画をためていたかねこさんだったが化粧も出来ないし抜糸まで1週間から10日ほどはかかるので「動画を撮れないのが一番悔しい」と語っていた。

「入っていた仕事も時期をずらしたり・・・」と語っていたので、仕事の話も無くなったりなどしてしまっているのかもしれない。

かねこあやさんの精神状態も心配である。

視聴者の反応は

コメント欄では

「痛そう…お大事にです( ; ; )綺麗に治りますように。ゆっくり体休めてください😭」

「見てて聞いてて痛々しいよお(;▽;) お大事に(´•ω•̥`)」

「傷跡も心配だけど、そこまで思いっきりぶつけたって脳が心配…
頭うつってその時何も無くても時間経ってからいきなり何が起きたりする可能性もあるし怖い」

などかねこあやさんの体を心配するコメントが寄せられているようだ。

怪我報告動画以来の動画を公開

かねこあやさんは2019年6月13日、怪我報告動画以来の動画を公開した。

タイトルは「天使って見たことあるか?」(リンク:YouTube動画)

動画には親友のてんちむさんに髪を洗ってもらいながら雑談をしている様子が映し出されていた。

かねこあや&てんちむ

視聴者からは2人の関係性に称賛のコメントが殺到している。

てんちむさんの優しさが心にしみた私である。

まとめ

今回はかねこあやさんの顔面の怪我についてまとめてみた。

衝突事故などでの怪我ではなく安心したが、事故は事故。頭を強く打っているので心配な事には変わりないだろう。

傷もそうだが精神的にも心配である。

かねこあやさんのこれからの活動を応援していきましょう。

YouTuber【かねこあや】本名、出身地などWiki風にまとめてみました!
みなさん!かねこあやさんというYouTuberをご存知ですか?元モデルというだけあって抜群のスタイル!さらに、独特なしゃべり方で人気急上昇中!今回はそんなかねこあやさんについて、簡単にまとめてみたので紹介していきたいと思います!(記事は20
【てんちむ】プロフィールやシバター、ボクシングとの関係などWiki風まとめ
子役出身YouTuberと言えばてんちむさんではないでしょうか?歯に衣着せぬ発言や本人の人気も相まって何かと炎上も多いてんちむさん。今では人気YouTuberでファッションブランドもプロデュースしています。そんなてんちむさんのプロフィールや

コメント