スポンサーリンク

【ゆきりぬ】ピルについて語る。あまり知られていないピルの本当の効果!

ゆきりぬピルについて語るユーチューバー特集

現在、チャンネル登録者数999,332人。もうすぐ100万人を突破するであろう人気女性YouTuberのゆきりぬさんが2019年3月24日、ピルを飲み始めたことを公表。

タイトルは「ピルを飲み始めました。」

人気YouTuberゆきりぬさんが動画にしてまで伝えたかった「ピルを飲みはじめた」理由とはいったい何だったのか?

スポンサーリンク

ピルを使用することになった経緯

ピルを飲み始めました。

ゆきりぬさんは最近YouTuberとしての活動が増えてきて忙しくなってきたせいか、日々のストレスのせいか、半年前から生理が重くなってきていたそうです。

症状としては

  • 2、3日目の症状がどんどん重くなっていった。
  • 1日目も重くなってきて、4日目は腰にまで痛みが来ることもあった。
  • 精神的にイライラしがちになった。

だそうです。

ゆきりぬさんは片頭痛持ちなので、体質的にピルが飲めないと以前動画で明かしていました。

ですが、同じくYouTuberとして活動していてピルを使用しているねこあやさん相談してみたところ、「最近頭痛が起きてないんだったら、産婦人科の先生に1回相談してみたら良いんじゃないかなー。」とアドバイスをもらったそうです。

その後、産婦人科の先生に相談してみて、血液検査などしてもらって問題がなかったのでピルを使用することになったそうです。

ピルを使ってみて良かったこと、悪かったこと

ピルを使用するようになったゆきりぬさんですが、良かったことと悪かったこと気を付けて欲しいことがあったそうです。

ゆきりぬさんが感じたピルを飲むメリット

  • 生理特有の症状が改善されたこと。(月経前のイライラ、精神不安定、重度の腹痛と出血など)
  • 原因不明の肌荒れが減った。

ゆきりぬさんが感じたピルを飲むデメリット(リスク)

  • 歴史が長いわけではないので、まだ知られていなよう副作用や病気が発症する可能性がある。
  • 血栓症にかかりやすくなる。
  • 服用をはじめて1、2ヵ月は、人によってはつらい症状が出る可能性がある。

歴史が長いわけではない

ピルはアメリカでも1960年、日本では1999年から導入された。割と新しい薬なので、「アメリカ人には良くても日本人やアジア人には合わなかった。」みたいなことが起こるかもしれないそうです。

血栓にかかりやすくなる

血栓症とは、血管の中に血のかたまりができる症状で、頭などで詰まってしまうと危険ということでした。

服用をはじめて1、2ヵ月は、人によってはつらい症状が出る可能性がある

ピルは、人によっては服用をはじめて1、2ヵ月は、人によって吐き気、頭痛、腹痛、不正出血などのつらい症状が出る可能性があるそうです。

ゆきりぬさんはこのような症状はなかったですが、少し肌荒れがあったそうです。

ですが、その症状も2ヵ月くらいでおさまったそうです。

ゆきりぬさんの感想

ゆきりぬさんは、ピルを使用し始めたことで、「生理時の身体的&精神的な負担が解消されて、肌の調子も良くなったので、良いことづくめだったので悩んでる方がいたら使って欲しいなと思うんです。」

とピルを使用し日常がより良いものに出来るなら先生に相談したうえで使ってみて欲しいと語っていました。

あとがき

今回はゆきりぬさんがピルを使用していることを公表した動画について紹介してきました。

ゆきりぬさんは女性として生理のことで悩んでいる女性に対してこの動画を出したようです。

実際、日本ではピルはあまり良い印象が持たれていないのは事実で、ピルの普及率が非常に低い国の一つとされています。

アメリカ16%、フランス39.5%に対して、日本のピルの普及率は1.1%となっています。

なので、この動画は多くの女性に影響を与えることになったかもしれません。

また、男性からも参考になったなどのコメントが寄せられていることを考えると日本全体のピルへのイメージ改善に大きな影響を与えることになったかもしれませんね。

ユーチューバー特集
スポンサーリンク
シェアする
この記事も話題になってます!
著者情報
ユーチューバーペディア編集部

ユーチューバー専門ライター/YouTube評論家のユーチューバーペディア編集部のライターです。YouTube動画やクリエイターについて情報発信中!YouTube動画を5倍楽しく観れるような面白い文章を書いていきます!

ユーチューバーペディア編集部をフォローする
ユーチューバーペディア

コメント