スポンサーリンク

【へきトラハウス】解散!活動休止の理由はケンカ。3人の新たな挑戦と再結成の可能性!

へきトラハウス解散 ユーチューバー特集

2019年4月6日、YouTubeチャンネル登録者数140万人を越える人気3人組YouTuberのへきトラハウスが「へきトラハウスは解散します。」という動画を公開しました。

よくある部屋の中でスーツを着て重い空気で解散について語るような動画ではなく、満開の桜をバックに具体的な解散の理由などは語らずに、思い出話や雑談など交えながら解散動画は進行していきました。

今回はへきトラハウス解散の理由と経緯について紹介していきます。

スポンサーリンク

へきトラハウス解散動画の内容

へきトラハウスは解散します。

活動休止の理由はケンカ?

へきトラハウスは2月18日以降動画を公開していませんでした。

それと今回語られたケンカが関係あるかはわかりませんが、ケンカがあったことを今回の動画内で公表していました。

カワグチジンさんは、「やりたいことに対して忠実になれているのかチクショウみたいな超かっこいいケンカがあった」と語っていました。

3人が激しく意見をぶつけ合うようなケンカがあったことがうかがえます。

ですが、それによって不仲になったという感じでもないので、3人がお互い意見をぶつけ合った結果、納得する形で解散となったようですね。

カワグチジンの新しい挑戦

おそらく前述のケンカがあった2月半ばくらいから、カワグチジンさんは新しいチャレンジに向けて走り出していたそうです。

自分のやるべきこと、やりたいことは何なのか?考えて、見つめなおして、ようやく見つけて、走り出していた期間がこの約1ヵ月半だったそうです。

へきトラハウスとして活動しながら、やりたいことやるべきことにチャレンジしようとしても、甘えてしまって集中出来ない。

なので、自分のことに専念するために、悪い言い方をすればへきトラハウスより自分のやりたいことをとったということだそうです。

最初、相馬トランジスタさんとへきほーさんの2人だったへきトラハウス。

当時へきトラハウスが所属していたGENESIS ONEの社員で、2人のマネージャーだったカワグチジンさん。

当時チャンネル登録者数7万人だったへきトラハウスがチャンネル登録者数100万人を目指すために、カワグチジンさんがGENESIS ONEの社員を辞めて加入。

カワグチジンさんの加入でそれまで過激すぎたへきトラハウスの動画に、バランス感覚が加わりチャンネル登録者数100万人を達成しました。

ですが、チャンネル登録者数100万人を達成したことにより目標を見失ってしまって、カワグチジンさんの活動意欲がわかなくなってしまったようです。

それが、新しいチャレンジへの道を模索することに繋がったようです。

カワグチジンさんは、「本当にチャレンジし続けてる、これぐらいの規模の人ってマジでいないと思うから」と語り、

デビッド・ボウイの50歳の時のインタビューを見て、「今いる場所が居心地いいなみたいに思ったら、そこは君のいるべき場所じゃない」「ちょっと苦しいなと思うくらいのところが君のいるべき場所なんだ」「シワの数は僕のチャレンジした数だ。チャレンジすることが人生だ」と語っていてカッコイイ!と思ったそうです。

デビッド・ボウイもへきトラハウスと言う安心よりも新たなチャレンジを選択したカワグチジンさんもかっこいいですね。

へきほーさんとカワグチジンさんの不仲説について

へきほーさんとカワグチジンさんの不仲説というのがあったようです。

それにたいして相馬トランジスタさんは、しゃべらないのは「頭の回転が遅いだけ」と発言していました。

へきほーさんも「そういうことです」と不仲説を否定していました。

現在のYouTube(規制)に対して

相馬トランジスタさんは、今のYouTubeも十分楽しいけど、やっぱり足りないと語っていました。

ガイドラインが厳しくなっていき、健全化が進むYouTube。

そんなYouTubeの今の姿に物足りなさを感じているようです。

誇り

カワグチジンさんは、

YouTuber的な活動をお休みするという上で、とりあえずなんか一言言うとすれば、やっぱり小学生中学生高校生、青春の時期になんか一緒にこう、過ごせたファンの子が中学生だった子が高校生になってイベントに会いに来てくれたり、そういう青春を一緒に過ごせたっていうのは俺の中で誇りに思ってることで、
みんなの心の中に残るような人に、そういう中学生とかを相手にする商売に就いて、良かったのはそういうところかな。

と語っていました。

2組の今後の活動について

へきトラハウス解散後、

相馬トランジスタさんとへきほーさんは、以前のへきトラハウスのように2人でYouTube活動を続けていくそうです。

新しいグループ名についてはまだ決まっていないようです。

「最近味薄いから、YouTube。濃いもん食べたかったら、食べに来いよ。」と語っていたので、変わらず過激な路線で健全化に進むYouTubeに挑んでいくようです。

カワグチジンさんは、YouTube活動はお休みして、新しい挑戦をしていくようですね。

カワグチジンさんが何をするのかの詳細は不明ですが、活動の一部は、新たに開設した個人チャンネルで紹介されるそうです。

再結成について

へきトラハウス解散テロップ

カワグチジンさんは動画の最後に唐突に「各々がへきトラハウスを越えたら、再結成しよう」と語っていました。

私はなんかかっこいいと思ってしまいました。

動画の最後にはテロップでも

2つのチャンネルが名実ともにへきトラハウスを超えた時
第4章でお会いしましょう
ありがとうございました
第2章 完

と書かれていました。

あとがき

今回はへきトラハウスの解散発表についての紹介でした。

2組の新しいチャレンジが楽しみですね。どのような形になるのか。

カワグチジンさんの新しいチャレンジについては具体的には何も語られていませんでしたので、気になります。本当に気になりますね。新しい道とは何なのか?

へきトラハウス今までお疲れさまでした。

これからも相馬トランジスタさん、へきほーさん、カワグチジンさんを応援してます。

今後の3人の活躍に注目して、応援していきましょう。

コメント